宅配クリーニング

主婦がおすすめする人気の布団宅配クリーニングまとめ

布団クリーニングはどこが人気?主婦がおすすめする宅配クリーニング

普段、布団はどのように洗っていますか?

毛布やシーツ、タオルケットなら洗濯機で洗浄できますが、羽毛布団や敷布団など、大きくて洗濯機ではどうにもならない布団はクリーニングやコインランドリーを利用するのが一般的かと思います。

布団のクリーニングを行ってくれる宅配クリーニングなら、重たい布団をわざわざ運ぶことなく自宅から送るだけで綺麗に仕上げてくれますよ^^

主婦がおすすめする布団を取り扱う宅配クリーニング業者を3つ、まとめてご紹介します。

布団のクリーニングはここ!おすすめできる人気の宅配クリーニング3選

リナビス

こんな方は絶対利用して欲しい!宅配クリーニングをおすすめする理由

自宅ケアでは除去出来ない、布団の中に入り込んだダニの駆除が出来るリネットの布団クリーニング。

ダニだけでなく、汚れやホコリまでしっかり取り除く事が出来ます。

仕上がりは、ふわふわで肌触りも格段にアップ。

羽毛・こたつ・和布団など幅広く取り扱っています。

布団のお直しをしてくれる、リフォームコースもありますよ。

カジタク

人気の宅配クリーニングってどんなサービス?店舗型クリーニングとの違い

衣服・布団・ぬいぐるみなど、お子様のいる家庭にも嬉しいプランが充実のカジタク。

羽毛布団は、新しい羽毛をプラスしてくれる、リフォームサービスを新たに追加!

布団を解体後、洗浄し傷んだ羽毛を取り出し、新しい羽毛を詰め直してくれます。

さらに、各布団に合った乾燥方法を採用しているので、ふかふかの仕上がりに。

すぐに使用しない時には、最長で9か月保管してくれる保管付きパックもありますよ。

ふとんリネット

布団クリーニングはどこが人気?主婦がおすすめする宅配クリーニング

布団と毛布をセットで出すと、毛布のクリーニング代が特別価格になる、お得なふとんリネット。

布団は、タンパク質分解酵素を吹き付けてから洗うので汚れが落ちやすくなり、さらにたっぷりの水でダニやカビを丸洗い。

布団専用の乾燥室とタンブラーを使用することで、ふわふわな布団になるだけでなく、綿ほこりも除去してくれます。

小さなお子様でも安心の、防ダニ加工もオプションでつけることが出来ますよ。

 

布団のクリーニングって、なんとなく費用面や手間を考えると、なかなか出せなかったりするものですよね。

とはいえ長い間お手入れもせずにそのまま使い続けるのも、さすがに気持ちの良いものではありません。

布団を少しでも清潔に保ちながら使うには、自宅でどのようなケアをするのが良いのでしょうか。

本記事では日ごろ使用している布団の、自宅ケア方法や自宅でお手入れすることのメリットデメリットについてお伝えしていきます。

自宅ケアで出来ること・ケアの仕方

布団クリーニングはどこが人気?主婦がおすすめする宅配クリーニング

私たちが日ごろ使用している布団は、毎日たくさんの汗を吸っている…

なんて話はよく耳にしますよね。

人間は毎晩コップ一杯(200ml)の汗をかくともいわれていますが、その汗の3分の1もの湿気を、敷布団が吸収しているといいます。

布団の中綿に使用されている素材にもよりますが、何もケアをせずにそのまま使い続けていくと綿もだんだんとへたり、湿気やホコリがもとでカビが生えてきてしまうこともあるのです。

定期的に布団クリーニングに出せればよいのですが、クリーニングの費用は決して安いものではありませんし、出すのも大変そうでおっくうに感じている人も多いと思います。

そこで、自宅でできる布団のケアやそのやり方についていくつか紹介したいと思います。

すのこなどを使って湿気を逃す

布団クリーニングはどこが人気?主婦がおすすめする宅配クリーニング

楽天市場

床や畳に、直に布団を敷いているというご家庭も多いかもしれません。

直に布団を敷いた状態では、寝ている間にかいた汗がそのまま布団の中に湿気として残ってしまいます。

できればすのこなどを布団の下に敷き、湿気がこもったままにならないようにすることをおすすめします。

布団を乗せたまま折りたたんで、布団を部屋干しできるようなすのこも販売されていますので、一度チェックしてみると良いでしょう。

布団乾燥機も大活躍!

布団クリーニングはどこが人気?主婦がおすすめする宅配クリーニング

楽天市場

布団乾燥機を使って、定期的に布団を乾燥させてあげるのもおすすめです。

とくに梅雨の時期は室内に干すだけでは、湿気が取り切れず不十分です。

最近はコンパクトで使い勝手の良い布団乾燥機もたくさん販売されていますので、1台持っておくと良いでしょう。

おすすめは袋やマットなどがなくても使えるタイプの布団乾燥機。

マットを広げる手間がないため、気が向いたときに手軽に布団乾燥ができるのがポイントです。

ダニを死滅させるための機能がついている布団乾燥機もありますので、各社の商品を比較したうえで購入すると良いでしょう。

クリーナーでほこりを吸い取るのも効果的

布団クリーニングはどこが人気?主婦がおすすめする宅配クリーニング

布団の内部には、たくさんの皮脂やほこりが入り込んでいます。

そのままにしておくと、ダニなどの発生を招いてしまうほか、湿気とまじりあってカビ菌の繁殖をも招いてしまうでしょう。

嫌なにおいを発生してしまう原因にもなりますし、場合によっては皮膚トラブルを起こしてしまうこともあります。

布団クリーニングはどこが人気?主婦がおすすめする宅配クリーニング

布団のホコリを取る方法と聞くと、布団たたきを想像される人もいるかもしれませんが、実は布団たたきで叩くのはNGなケア方法。

中綿をたたいて崩してしまい、保温やクッション性など布団本来の機能が損なわれてしまうほか、かえってホコリがたまりやすい状態になってしまうためおすすめしません。

予防策としてできるケア方法では、クリーナーによるほこりなどの吸引が効果的。

普段使っている掃除機のヘッドを布団用ノズルに交換して使うのでも良いですし、布団専用のクリーナーを購入して使うのでも良いでしょう。

ダニの死骸がアレルギーの原因になるともいわれていますので、布団乾燥機などを使用した後にはしっかりと吸引しておいた方が気持ちよく眠れますしね。

自宅ケアのメリットとデメリットを見ていきましょう

初心者にもわかりやすく解説!宅配クリーニングのメリット・デメリット

自宅でこまめに布団のケアをすれば、クリーニングに出さなくてもある程度は布団の機能やふんわりとした質感を維持することはできます。

クリーナーや布団乾燥機などを一度購入してしまえば発生するのは電気代くらいなので、ケアにかかるお金が抑えられるといったメリットも。

ですが乾燥や吸引を繰り返したとしても、溜まった汚れは落とせないため、かならずしも「清潔」だとは言えない点が大きなデメリットとなります。

ざぶざぶと洗えない以上、布団の中に汗や汚れが染み込んだ状態のままであることには変わりないのです。

布団はクリーニングに出すのがおすすめ

布団クリーニングはどこが人気?主婦がおすすめする宅配クリーニング

自宅でのケアやお手入れでは、布団の清潔さを考えると、やはり限界があります。

湿気を多く含みほこりやダニ、カビの温床になってしまっている布団を使用し続けることは、健康面で考えてもあまり良いことではないのは確かでしょう。

厚生労働省の「快適で健康的な住宅に関するガイドライン」では、少なくとも敷布団を含む寝具などは、1年に一度丸洗いをするのが望ましいとしています。

費用面がネックだという人は、店舗型のクリーニング店ではなく宅配クリーニングに、布団のお洗濯を利用してみるのがすすめ。

宅配クリーニングによる布団クリーニングは、店舗型と比較しても価格設定がリーズナブルなところが多いのが特徴です。

たくさんの水による丸洗い洗浄と湿熱乾燥により、布団の皮脂や汗、ほこりやダニといった汚れや、嫌な臭いまですっきりさっぱり。

自宅のケアではどうすることもできなかった、シミ汚れなどもきれいに落としてもらえます。

布団クリーニングはどこが人気?主婦がおすすめする宅配クリーニング

汚れてへたってしまっていた布団も、打ち直ししたかのようにふっくらふかふかの状態で帰ってくるのもうれしいですよね。

宅配クリーニングに依頼すれば、集荷や宅配もしてもらえるので、店舗やランドリーへ持ち込む必要もなく手軽。

オプションで防ダニや防虫加工を施してもらえるクリーニング店もあるので、より安心して依頼できることでしょう。

定期的なメンテナンスで快適な睡眠環境を整えましょう

布団って、毎日使っているのに、あまりメンテナンスをしないものの代表格ですよね。

ですが布団は、自分が思っている以上に汚れが溜まっています。

アレルゲン物質や睡眠の質など、体の健康にも大きく関わっているのも事実。

だからこそ、布団のメンテナンスを定期的に行うことで、快適な睡眠環境を整えていきましょう。

Pick Up

宅配クリーニング人気の10社の特徴とおすすめポイント 1

宅配クリーニングを利用してみたいけれど、どこの業者に頼んだらいいのかわからない… ということはありませんか? 実際に宅配クリーニングを調べると、業者が多いので迷ってしまいますよね。 人気の宅配クリーニ ...

布団クリーニングはどこが人気?主婦がおすすめする宅配クリーニング 2

普段、布団はどのように洗っていますか? 毛布やシーツ、タオルケットなら洗濯機で洗浄できますが、羽毛布団や敷布団など、大きくて洗濯機ではどうにもならない布団はクリーニングやコインランドリーを利用するのが ...

ぬいぐるみは洗える?セルフケアの仕方とおすすめの宅配クリーニング 3

大切にしているぬいぐるみも、長く愛用していると汚れが目立ってきてしまうことがあります。 また飾っているだけでも、ほこりがつもりうっすらと黒ずんできてしまうこともあるでしょう。 自宅できれいにできればい ...

スーツの洗濯なら宅配クリーニングが便利!気になるクリーニングの頻度 4

スーツってどれくらいの頻度でクリーニングに出せばよいのか悩むアイテムですよね。 とくに夏場は汗などを多く吸い込んでいるため、においや衛生面でも気になるという人が多いでしょう。 とはいえスーツを着用する ...

礼服をクリーニングに出すタイミングと自分で出来るお手入れ方法 5

礼服は着用頻度は少ないものの、マナーを問われる場に着ていくものなので、お手入れに困ることが多いアイテムでもあります。 更に、その都度クリーニングした方が良いのかも悩みどころですよね。 先に結論を言うと ...

-宅配クリーニング

© 2021 CLEANISTA Powered by AFFINGER5