宅配クリーニング

着物・浴衣のおすすめ宅配クリーニングまとめ!お手入れ方法やしまい方とクリーニングに出す時のポイント

着物・浴衣のお手入れ方法やしまい方とクリーニングに出す時のポイント

着物や浴衣は、自宅では洗えないものともわれている人も多いかもしれません。

ですが最近では、自宅での洗濯が可となっている着物や浴衣も増えてきているのです。

とはいえ洋服と比べるとデリケートな衣類であるのは確かです。

本記事では、浴衣や着物を自宅でお手入れする方法と注意点、メリットやデメリットについて解説しています。

着物・浴衣のお手入れ方法

着物・浴衣のお手入れ方法やしまい方とクリーニングに出す時のポイント

着物や浴衣のなかには、自宅での洗濯がOKのものもあります。

洗濯表示を確認し、桶のマークにバツ印がついていなければ、自宅での洗濯が可能です。

基本的には、洗濯機または手洗いでのお洗濯ができます。

とはいっても、洗濯機にそのまま放り込んで、ぐるぐる回してしまうのはおすすめできません。

面倒でも丁寧に洗濯をしなければ、ほつれやしわの原因になってしまうからです。

浴衣や着物の風合いを損なわずに、きれいにお洗濯する方法を紹介していきます。

ちなみに、襟周りなど汚れが目立つ場所がある場合やシミがあるときには、あらかじめ前処理で部分的に汚れを落としておきましょう。

洗濯機を使用した着物や浴衣のお手入れ法

ダウンのクリーニングは本当に必要?料金や頻度はどのくらいするの?

まずは洗濯機でのお洗濯がOKな浴衣や着物の、お手入れ方法から紹介していきます。

洗濯表示を確認して、桶に手のマークがついていなければ、洗濯機での洗濯ができます。

手順は以下の通り。

  • しわにならないようたたむ
  • 洗濯用ネットに入れる
  • おしゃれ着用洗剤を使用
  • ドライコースで優しく洗う
  • 脱水後は和服用ハンガーにかける
  • 風通しの良い場所に陰干しする

洗濯ネットに入れる際はよけいなしわや折り目がつかないよう、浴衣や着物の縫い目に沿っってたたむと良いでしょう。

洗濯用ネットは洗濯機の中で衣類が動き回らないよう、折りたたんだ際の大きさと同じサイズのものがベターです。

和服用ハンガーがない場合は、突っ張り棒などをつるして代用することも可能です。

着物は直射日光に当ててしまうと、変色してしまうこともあるため、日の当たらないところで干しましょう。

手洗いでの着物や浴衣のお手入れ法

着物・浴衣のお手入れ方法やしまい方とクリーニングに出す時のポイント

桶に手のマークがついた洗濯表示の場合は、手洗いでのお洗濯となります。

手順は以下の通りです。

  • 洗い桶に水を入れる
  • 適量の中性洗剤をいれて溶かす
  • たたんだ状態の着物や浴衣を洗い桶に入れる
  • 上から押すようにしてあらう(押し洗い)
  • 中の水を捨ててきれいな水を入れる
  • 押し洗いの要領ですすぎ洗い
  • 水がきれいになるまで入れ替えてすすぐ
  • 水を捨ててから押すようにして脱水
  • タオルなどで水気をふき取る
  • 脱水後は和服用ハンガーにかける
  • 風通しの良い場所に陰干しする

手洗いの場合は、すすぎと脱水がポイント。洗剤が着物や浴衣に残らないよう、しっかりとすすぐことが大切です。

脱水のときは、ギュウギュウ絞るとしわになってしまうほか、生地にもダメージを与えかねません。

できるだけ優しくしっかりと水けをきり、タオルで吸水して脱水しましょう。

しわが気になる箇所はあて布をしてアイロンがけ

アイロンがけの基本をマスター!プロの仕上がりに近づくコツ

陰干しした後は、適切に畳んで収納します。

シワなどが気になる場合には、アイロンがけをしてもかまいません。

アイロンをかける際は必ずあて布をし、中温~高温で優しくアイロンがけをします。

しわが強い箇所は、スチームや霧吹きなどを使用すると、スムーズですよ

自宅ケアのメリット・デメリットを教えて

浴衣や着物は、洗濯表示上OKなものは、基本自宅でのケアが可能です。

どのようなメリットとデメリットがあるのか、簡単にまとめてみました。

メリット

着物・浴衣のお手入れ方法やしまい方とクリーニングに出す時のポイント

自宅で着物や浴衣を洗えるメリットは以下の通りです。

  • 常に清潔な状態を保てる
  • 気軽に着物や浴衣を楽しめる
  • 単純にクリーニング費用が掛からない

自宅で洗える最大のメリットは、清潔に保てる点でしょう。

夏に着用する着物や浴衣などは、汗などを多く吸い込んでいるため、できれば着用ごとに洗いたいと思う人もいるでしょう。

自宅で気軽に洗えれば、常に清潔な状態が保てます。

またクリーニングに出さなくても着用できることがわかれば、着物や浴衣に対するハードルもぐっと下がります。

より気軽で身近な衣類として、日常的に楽しめるようにもなりますね。

デメリット

着物・浴衣のお手入れ方法やしまい方とクリーニングに出す時のポイント

自宅で洗う際には、いくつかデメリットがあることも理解しておきましょう。

  • 素材によっては縮んでしまう場合がある
  • 素材によって注意点が異なることもある
  • 場所(高さ)がないと干すのが大変
  • 洗濯可であってもまれに色落ちするものがある

デメリットといえばやはりデリケートな衣類のため、洗濯に気をつかうことが多いという点でしょう。

一度でも洗濯してみて問題がなかった着物や浴衣であれば後は気軽に洗濯ができますが、はじめての洗濯の場合には慎重になりますね。

また着物や浴衣の洗濯では、ポリエステルなのか麻なのかなど素材によって、気を付けたほうが良い点が多少変わることもあります。

このような点が面倒に感じる人も、いるかもしれませんね。

セルフケア失敗しちゃった…となる前に

着物・浴衣のお手入れ方法やしまい方とクリーニングに出す時のポイント

ポリエステル素材の浴衣などは、比較的自宅でも気軽に洗える素材。

しかし、デリケートな素材や細かな装飾が施された着物や、高級な着物となると話は別です。

生地の縮みや色落ち、装飾の傷みやほつれなど、さまざまなトラブルを想定し、かなり慎重に対応しなくてはならないでしょう。

特別な時に着用する着物などは、できればクリーニングに洗濯やお手入れを任せたほうが安心。

クリーニング店であれば、素材や装飾などに応じて、適切な方法で丁寧に洗ってくれることでしょう。

またシミなどがついてしまっている場合にも、自宅で染み抜きをしようとするとかえって汚れを悪化させてしまうこともあります。

この点においてもプロに任せれば、適切な方法や薬剤できれいに染み抜きしてもらえます。

おすすめは、自宅にいながらクリーニング品を集荷してもらえる、宅配クリーニングの利用です。

とくに着物のクリーニングに特化した宅配クリーニング店なら、安心して着物の洗濯をまかせられます。

地域のクリーニング店の中には、着物のクリーニング自体がNGの店舗や、素材によって対応できないという店舗も。

その点宅配クリーニングの場合には、着物を専門としたところやしっかりとした技術(設備)をもつところも多く、快く引き受けてくれるところがたくさんあります。

わざわざ店舗までもっていく必要もなければ、引き取りに行く必要もなくとても便利!

高級品の着物を預けるならここ!人気のおすすめ宅配クリーニング

キレイナ

着物・浴衣のお手入れ方法やしまい方とクリーニングに出す時のポイント

どんな特殊素材・高級ブランド品・他店で断られた服でも、クリーニングしてくれるキレイナ。

一般的な衣服はもちろん、着物やドレスといった複雑な衣装、革製品など幅広く取り扱っています。

色修正やリペアなどメニューが充実していて、色あせや縮みで諦めていた衣服も、甦らせることが可能。

こんな方におすすめ!

  • お気に入りの服を甦らせたい
  • 他店では受け付けてもらえない
  • 特殊な衣服をクリーニングしたい

ワードローブトリートメント

ワードローブトリートメント

まとめ洗いはせず、一点一点丁寧にクリーニングしてくれので、安心して依頼することが可能。

日常の衣服から小物・ドレス・着物まで、幅広く取り扱っています。

靴の修理もしてくれるので、クリーニングと同時に依頼すると時短にもなり、忙しいワーキングマザーやビジネスマンにもおすすめです!

こんな方におすすめ!

  • まとめ洗いをしてほしくない
  • 服から小物まで、まとめてクリーニングに出したい
  • 上質なクリーニングを味わいたい

リナビス

リビナス

各種クリーニング・洗わないクリーニング・皮革/ブランド品・保管サービスから選択。

衣服のクリーニングは、抗菌・シワ予防・柔軟・毛玉防止・静電気防止の5つの加工が標準装備になっています。

洗わないクリーニングは、アイロンがけやボタン付け・保管のみを行ってくれるコース。

こんな方におすすめ!

  • 手間を省いて少しでも楽をしたい
  • 忙しい毎日で家事を時短したい
  • 衣服の保管スペースに困っている

一生モノの大事なものだからお手入れは念入りに

着物や浴衣は1点程度なら軽いですが、数点まとまるとそれなりの重量にもなります。

自宅まで集荷に来てくれて、終わったら届けてもらえるのであれば、とても助かるという人も多いでしょう。

宅配クリーニングでは、着物を専門とするところのほか、リーズナブルに対応してくれるところも多数あります。

ニーズや依頼する着物や浴衣の素材や装飾などに応じて、比較検討したうえで選ぶと良いでしょう。

Pick Up

宅配クリーニング人気の10社の特徴とおすすめポイント 1

宅配クリーニングを利用してみたいけれど、どこの業者に頼んだらいいのかわからない… ということはありませんか? 実際に宅配クリーニングを調べると、業者が多いので迷ってしまいますよね。 人気の宅配クリーニ ...

布団クリーニングはどこが人気?主婦がおすすめする宅配クリーニング 2

普段、布団はどのように洗っていますか? 毛布やシーツ、タオルケットなら洗濯機で洗浄できますが、羽毛布団や敷布団など、大きくて洗濯機ではどうにもならない布団はクリーニングやコインランドリーを利用するのが ...

ぬいぐるみは洗える?セルフケアの仕方とおすすめの宅配クリーニング 3

大切にしているぬいぐるみも、長く愛用していると汚れが目立ってきてしまうことがあります。 また飾っているだけでも、ほこりがつもりうっすらと黒ずんできてしまうこともあるでしょう。 自宅できれいにできればい ...

スーツの洗濯なら宅配クリーニングが便利!気になるクリーニングの頻度 4

スーツってどれくらいの頻度でクリーニングに出せばよいのか悩むアイテムですよね。 とくに夏場は汗などを多く吸い込んでいるため、においや衛生面でも気になるという人が多いでしょう。 とはいえスーツを着用する ...

礼服をクリーニングに出すタイミングと自分で出来るお手入れ方法 5

礼服は着用頻度は少ないものの、マナーを問われる場に着ていくものなので、お手入れに困ることが多いアイテムでもあります。 更に、その都度クリーニングした方が良いのかも悩みどころですよね。 先に結論を言うと ...

-宅配クリーニング

© 2021 CLEANISTA Powered by AFFINGER5