宅配クリーニング

ブーツや靴のおすすめおすすめの宅配クリーニングまとめ!セルフケアはどうなの?

ブーツのクリーニングはどうすればいい?おすすめの宅配クリーニング

お気に入りのブーツ、シーズンの終わりにはきれいな状態に整えてから保管しておきたいものです。

とはいえ自宅の場合どの程度までブーツをお手入れしてよいのものかわからず、ついついそのままシューズラックに入れてしまっているという人もいるかもしれません。

目立つ汚れなどはきれいに取り除いた状態で保管したほうが、次のシーズン気持ちよく履けますし、ブーツの寿命を延ばすうえでも良いでしょう。

また日ごろから小さなケアをしておくことで、ブーツを汚れや傷みから防ぐこともできます。

本記事ではブーツのお手入れ方法や、クリーニングに出すべきタイミングなどについてお話していきます。

大切なブーツを長く着用したいという人は、良ければ参考にしてみてくださいね。

どんな状態の時にクリーニングに出すと効果的?

ブーツのクリーニングはどうすればいい?おすすめの宅配クリーニング

本来ブーツというのは、そう頻繁にクリーニングなどに出す必要のないものです。

ですがあまりに汚れた状態にしておくとブーツも傷んでしまいますし、寿命を短くしてしまう原因になってしまう場合もあります。

適切なタイミングでクリーニングに出し、きれいな状態を保つことが、愛用しているブーツを長持ちさせることにもつながるでしょう。

もしも愛用しているブーツが以下のような状態になってしまった場合には、無理に自分でお手入れせず、専門家にクリーニングを任せたほうが安心です。

  • 汚れだと思っていたら擦り傷だった
  • ブーツが部分的に変色している
  • カビが発生してしまった
  • 白っぽいまたは黒いシミができた(水ジミ・雨ジミ)
  • 消臭スプレーでは臭いが取れない

ブーツのクリーニングはどうすればいい?おすすめの宅配クリーニング

かかとやつま先部分は、擦り傷ができやすい箇所です。

汚れていると思って一生懸命拭いてみたものの全然きれいにならない…という場合は、もしかすると汚れではなく擦り傷かもしれません。

このような場合はクリーニング店で修復してもらえば、目立たない状態にしてもらえます。

またシーズンあけに取り出したブーツにカビが生えていた!という場合でも大丈夫。

クリーニングに出せばカビもきれいに取り除けますので、ブーツを処分する必要はありません。

それからムートンや皮のブーツに良くみられるのが、水にぬれたことでできてしまう雨ジミや水ジミ。

新品のブーツなどをうっかり濡らしてしまうと起こりがちのこの水ジミも、クリーニングで目立たなくしてもらえるのです。

このようにブーツの汚れやトラブルなどは、多くの場合クリーニングに出すことで解決できます。

万が一の時にはブーツを処分することを考える前に、クリーニングを利用することを検討してみることをおすすめします。

セルフケアの仕方やメリット・デメリットを教えて!

ブーツのクリーニングはどうすればいい?おすすめの宅配クリーニング

ブーツを少しでも長持ちさせるためにも、日ごろのケアやお手入れも大切です。

またシーズンが終わったときには、しっかりとお手入れをしてから収納保管しておくようにすると、保管中のトラブル防止にもなるでしょう。

ブーツは素材によってお手入れ方法が多少異なりますので、それぞれ素材に合わせた方法でお手入れをしましょう。

レザーや革製のブーツの日ごろのケアの仕方

ブーツのクリーニングはどうすればいい?おすすめの宅配クリーニング

レザーや革製のブーツのケアの仕方は以下の通りです。

  1. 防水スプレーで汚れを防止
  2. 普段のお手入れはブラシで簡単に
  3. 汚れが強い場合はブーツ用クリーナーできれいに
  4. 汚れをふき取った後は保護剤で保護をする
  5. グローブクロスなどで磨く

ブーツに汚れがついていない状態で、防水スプレーを吹きかけて陰干ししておきましょう。

履いた日のお手入れとしては、馬毛ブラシなどを使って簡単にほこりなどの汚れを払うだけで構いません。

泥などでブーツが汚れてしまった場合は、やわらかい布(Tシャツなどの端切れやウエスでOK)にクリーナーをつけて、丁寧に汚れをふき取ります。

クリーナーで汚れをふき取った後のブーツはとても無防備な状態です。

必ず保革専用クリームをブーツ全体になじませて、保護してあげるようにしましょう。

グローブクロスや乾いた布などを使い全体を丁寧に磨けば、ツヤがでて美しい状態を保てます。

スエードやムートン素材のブーツの日ごろのケアの仕方

ブーツのクリーニングはどうすればいい?おすすめの宅配クリーニング

楽天市場

スエードやムートン素材のケアの仕方は以下の通りです。

  1. 防水スプレーで汚れを防止
  2. 普段のお手入れはブラシで簡単に
  3. 靴底部分は革用汚れ落としなどできれいに

フェイクムートンの場合はおしゃれ着用洗剤による手洗いができますが、スエードやムートンは基本水洗い厳禁。

水ジミや変色の原因となりやすいため、汚れが強い場合は自分でお手入れをしないようにしましょう。

ムートン素材の部分の汚れは、ブラッシングをして優しく落とす程度にとどめます。

靴底などの泥汚れが気になる場合には、布などでふき取ってから革用汚れ落としを使うと良いでしょう。

保管時はどうするのが良い?

ブーツのクリーニングはどうすればいい?おすすめの宅配クリーニング

長期使用しない場合などは、「革用除菌消臭スプレー」などで靴の中のニオイのケアをしておくと良いでしょう。

またカビなどを予防するためにも、全体にカビ用ミストをかけて陰干しをします。

完全に乾いた後は、靴の中に除湿剤やシューズキーパーを入れて、湿気や型崩れを防ぐケアをします。

保管する際は、風通しの良いところに保管するようにしましょう。

※防水スプレー等を使用する際は、屋外の火の気のない場所で使用するようにしましょう。

ブーツのメンテナンスはプロに任せると安心!

ブーツのクリーニングはどうすればいい?おすすめの宅配クリーニング

皮やレザー、ムートン素材などのブーツは、とってもデリケートです。

水がかかるだけでもシミの原因となりますし、湿気によってカビが生えてしまうこともあるため、自宅でのケアやお手入れは慎重に行わなければなりません。

簡単な汚れなどはブラシをかけるなどの小さなケアできれいにできます。

ですが、目立つ汚れやシミ・カビなどは、プロにクリーニングを依頼するのがベストです。

地域にも靴の修理やクリーニングができるお店があるかとは思います。

宅配クリーニングの効果的な選び方とチェックするべき4つのポイント

ですがなかなか時間が取れないという人や、どこに頼んでよいかわからないという人は、宅配クリーニングがおすすめです。

宅配クリーニングに靴のクリーニングを任せれば、すっきりときれいにしてもらえます。

雨ジミができてしまったムートンや、カビの生えてしまった靴も元通りに。

ニオイのものととなる菌や汚れもすっきりと落としてもらえるので、消臭効果やカビ予防効果もばっちりです。

宅配クリーニングによっては、風通しの良い環境で一定期間保管してもらえるサービスなどもあります。

ブーツクリーニングにおすすめの宅配クリーニング

リナビス

バッグってクリーニング出来るの?料金や自分でも出来るお手入れ方法

衣服の宅配クリーニングでも人気のリナビスですが、皮革製品専門の宅配クリーニングもあります。

パックプランは、クリーニング・キズや擦れの修正・色補正・仕上げがセットになったコース。

修復・メンテナンスは全て手作業で行う徹底ぶり。

クリーニング不可と表示されているものでも、95%が取り扱い可能となっています。

諦めていた方も、クリーニング出来る可能性がありますので、一度問い合わせてみることをお勧めします。

くつリネット

ブーツのクリーニングはどうすればいい?おすすめの宅配クリーニング

ムートンブーツや、革靴・スニーカーなど、様々な靴を取り扱っている、くつリネット。

雨ジミだけでなく、カビの生えてしまった靴、サンダルの黒ずみなど、幅広く対応してくれます。

それぞれのアイテムに合わせて、ブラッシング・色補正・クリーム仕上げを施してくれるのも嬉しいポイント。

汚れていたお気に入りの靴が、見違えるほどよみがえりますよ。

 

お気に入りのブーツを長持ちさせるために

秋冬になると毎日履くものだからこそ、お手入れが必要なブーツ。

こまめにケアをしていれば問題はありませんが、忙しいとなかなか出来ないですよね。

そんな時に頼りになるのは、やっぱりプロのクリーニング。

セルフケアとプロの技を、上手に使い分けるのがおすすめ。

お気に入りの靴を少しでも長く愛用するためにも、年に一度シーズンが終わったタイミングなどで、クリーニングに出してみるのも良いかもしれませんね。

Pick Up

宅配クリーニング人気の10社の特徴とおすすめポイント 1

宅配クリーニングを利用してみたいけれど、どこの業者に頼んだらいいのかわからない… ということはありませんか? 実際に宅配クリーニングを調べると、業者が多いので迷ってしまいますよね。 人気の宅配クリーニ ...

布団クリーニングはどこが人気?主婦がおすすめする宅配クリーニング 2

普段、布団はどのように洗っていますか? 毛布やシーツ、タオルケットなら洗濯機で洗浄できますが、羽毛布団や敷布団など、大きくて洗濯機ではどうにもならない布団はクリーニングやコインランドリーを利用するのが ...

ぬいぐるみは洗える?セルフケアの仕方とおすすめの宅配クリーニング 3

大切にしているぬいぐるみも、長く愛用していると汚れが目立ってきてしまうことがあります。 また飾っているだけでも、ほこりがつもりうっすらと黒ずんできてしまうこともあるでしょう。 自宅できれいにできればい ...

スーツの洗濯なら宅配クリーニングが便利!気になるクリーニングの頻度 4

スーツってどれくらいの頻度でクリーニングに出せばよいのか悩むアイテムですよね。 とくに夏場は汗などを多く吸い込んでいるため、においや衛生面でも気になるという人が多いでしょう。 とはいえスーツを着用する ...

礼服をクリーニングに出すタイミングと自分で出来るお手入れ方法 5

礼服は着用頻度は少ないものの、マナーを問われる場に着ていくものなので、お手入れに困ることが多いアイテムでもあります。 更に、その都度クリーニングした方が良いのかも悩みどころですよね。 先に結論を言うと ...

-宅配クリーニング

© 2021 CLEANISTA Powered by AFFINGER5