ホームクリーニング

毛玉の原因って?正しくきれいに取る4つの方法やNG行為と予防法

靴を捨てるタイミング|履かない靴の処分方法やリサイクルの仕方を解説

ちょっとしか着ていないのに毛玉が出来てしまって、ガッカリしたことありませんか?

気が付いたらお洋服が毛玉だらけで、ハッとした瞬間はありませんか?

きっと、ほとんどの方が『あるー!』と思ったのではないでしょうか。

しかも、毛玉は色々な素材で発生するので、1年中悩まされる場合もあるかもしれませんね。

そんな悩みの種の毛玉ですが、毛玉が出来る原因や正しい取り方を知っておくことが大事。

毛玉予防にも繋がりますので、ここから毛玉について解説していきたいと思います。

毛玉の出来る原因はなに?

毛玉は、生地の擦れや摩擦によって毛羽立った繊維同士が絡まることで発生します。

毛玉のでき始めは、表面がぽわぽわした感じなので気にならないことがほとんど。

ですが、この状態が続くことで、どんどん周辺の繊維を巻き込んでいき、気が付いた時には目立つ毛玉になっています。

毛玉が出来やすい繊維

毛玉の原因って?正しくきれいに取る4つの方法やNG行為と予防法

  • ウール・モヘア・アンゴラなどの動物繊維
  • ナイロン・フェルト・アクリル・ポリエステルなどの化学繊維
  • 天然繊維+化学繊維の混紡繊維

動物繊維はふんわり柔らかいので毛玉が出来ても取りやすく、化学繊維は丈夫なので毛玉も固く取りにくいと言った特徴があります。

毛玉が出来にくい繊維

洗濯で縮んだ服を元に戻す方法がある!簡単な対処法を主婦が解説

  • 綿・麻・シルクなどの天然繊維(100%の場合)

毛羽立ちが起きにくいので、毛玉が出来にくいと言った特徴があります。

毛玉をきれいに取る4つの方法

  • 毛玉取りブラシ
  • 毛玉取り器
  • ハサミ
  • 食器用スポンジ

毛玉取りブラシ

毛玉の原因って?正しくきれいに取る4つの方法やNG行為と予防法

毛玉取りブラシは、軽くなでるだけで簡単に毛玉が取れるお助けアイテム。

毛玉部分を優しく掻き出すようにブラッシングします。

そうすることで、毛玉がブラシ絡まって取れるという仕組みになっています。

強くこすっってしまうと、繊維が毛羽立って逆効果になりますので気を付けましょう。

毛玉取り器

手軽に毛玉を処理できる毛玉取り器。

コンパクトなものは持ちやすいですが、毛玉受けがすぐに満杯になるので、ある程度大きなものを選ぶのがおすすめ。

毛玉取り器を強く押しつけてしまうと、繊維が切れてお洋服に穴があいてしまいます。

毛玉の上を優しく滑らせるようにして、カットしていきましょう。

ハサミ

毛玉の原因って?正しくきれいに取る4つの方法やNG行為と予防法

毛玉取り器やブラシがない時は、ハサミで代用することが出来ます。

特に、ニットなどに出来た毛玉を取る時におすすめ。

毛玉取り器は、力加減を間違うと糸を切ってしまい穴が開くことも。

そんな時もハサミであれば、そういった心配はほとんどないので安心して毛玉を取ることが出来ますよ。

毛玉をきれいに切り取るコツは、衣類に対して水平にハサミを滑らせること。

そうすることで、糸を誤って切ってしまうことを防ぐことが出来ます。

切り取った毛玉は、粘着力の弱いテープで軽くなでるようにすると取り除けます。

食器用スポンジ

キッチンスポンジを種類別に紹介!人気の台所スポンジおすすめ35選

意外ですが、台所用スポンジでも毛玉を取ることが出来ます。

不織布面(スポンジの固い面)で、優しくなでるように滑らせましょう。

この時、力を入れたり強くこすってしまうと逆効果になるので要注意。

衣類から軽く浮かせて、毛玉部分だけを撫でるようにするのがポイントです。

毛玉は予防できる?毛玉を予防する方法5選

毛玉は予防することが出来ます。

もちろん、完全に出来ないようにすることは難しいですが、出来にくくすることは可能。

予防方法を実践する前と後では、毛玉の出来づらさを実感出来ると思います。

定期的にブラッシングする

毛玉の原因って?正しくきれいに取る4つの方法やNG行為と予防法

定期的にブラッシングをすることで、繊維の毛羽立ちを抑えたり繊維同士の絡まりをほぐすことが出来るので、毛玉の発生を予防することが出来ます。

ほこりなどの汚れも落とすことが出来るので一石二鳥。

衣類にとって、毛玉が出来づらい環境を整えることが大事です。

初めは手間に感じるかもしれませんが、慣れてしまえば1~2分程度で終わるのでブラッシングしてみてくださいね。

洗濯ネットに入れて洗う

意外と知らない!洗濯ネットを使うメリットと正しい使い方や主な種類

繊維の摩擦は毛玉の原因となるので、洗濯ネットに入れて洗うことが大事。

他の衣類と絡まったり擦れたりしないので、洗濯による毛玉を防いでくれます。

ネットに入れるときは、衣類を畳んで入れるようにしましょう。

おしゃれ着用洗剤を使う

おすすめの洗濯洗剤10選!洗濯洗剤の種類や選び方と使い方・部屋干しにも

エマールなどのおしゃれ着用洗剤は、繊維の滑りを滑らかにしてくれるので、衣類のダメージを抑える働きがあります。

その結果、毛羽立ちも起きにくくなるので、毛玉の発生を抑えてくれるんです。

おしゃれ着用洗剤は、柔軟剤と同じような効果があるので積極的に使いましょう。

単品で洗う

汚れが落ちるのはお湯と水どっち?洗浄力がアップする効果的な洗濯方法

単品洗いは、他の衣類との摩擦が起きない洗濯方法。

毛玉の発生原因になる毛羽立ちを防ぐことが出来るのでおすすめです。

洗濯ネットに入れると、より摩擦を抑えることが出来ますよ。

毎日着用しない

毛玉の原因って?正しくきれいに取る4つの方法やNG行為と予防法

お気に入りのお洋服であればあるほど立て続けに着たくなりますが、頻繁に着ると繊維はその分ダメージ受けてしまいます。

摩擦頻度も上がるので、必然的に毛玉が発生しやすくなるんです。

せめて、数日に一回といったペースで着るようにして、毛玉の発生を予防しましょう。

毛玉が出来た時のNG行為はコレ!

毛玉が出来た時に、やってはいけないNG行為があります。

これをやってしまうと、毛玉がなくなるどころか、どんどん増えてしまうので気を付けましょう。

毛玉をむしる

粘着力の高いテープでコロコロする

毛玉をむしる

毛玉の原因って?正しくきれいに取る4つの方法やNG行為と予防法

毛玉をむしるのは、毛玉を増やしてしまう原因になるので要注意!

毛玉を引っ張ると、毛玉がついている部分の繊維が伸びて、毛玉が取れた瞬間にその繊維が縮みます。

繊維が縮むと絡まって毛玉になるので、毛玉をむしるとエンドレスで毛玉が発生することになります。

これが、取っても取っても一向に毛玉がなくならないからくりです。

ついむしりたくなると思いますが、ここはグッと我慢しましょう。

粘着力の高いテープでコロコロする

ティッシュを一緒に洗濯しちゃった時の対処法!きれいに取る裏ワザ

毛玉をむしる時と同様に、粘着力の高いテープでコロコロすると、繊維が伸びて縮む原因になります。

さらに、広範囲に渡って繊維が毛羽立ってしまうので、毛玉リスクを増やしてしまうことに。

生地も傷んでしまうので、デメリットしかないという状態です。

どうしてもコロコロが必要な場合は、その部分だけ軽くなでるように滑らせると、生地の痛みを抑えることが出来ますよ。

毛玉を防いで大切な衣類を長持ちさせましょう

毛玉は、ちょっとした工夫や手間で減らすことが可能。

お手入れをすることで、見栄えも良くなります。

大事なお洋服を毛玉から守って、長く愛用しましょう!

Pick Up

宅配クリーニングおすすめランキング!人気の店舗と特徴まとめ 1

宅配クリーニングを利用してみたいけれど、どこの業者に頼んだらいいのかわからない… ということはありませんか? 実際に宅配クリーニングを調べると、業者が多いので迷ってしまいますよね。 人気の宅配クリーニ ...

布団クリーニングはどこが人気?主婦がおすすめする宅配クリーニング 2

普段、布団はどのように洗っていますか? 毛布やシーツ、タオルケットなら洗濯機で洗浄できますが、羽毛布団や敷布団など、大きくて洗濯機ではどうにもならない布団はクリーニングやコインランドリーを利用するのが ...

ぬいぐるみは洗える?セルフケアの仕方とおすすめの宅配クリーニング 3

大切にしているぬいぐるみも、長く愛用していると汚れが目立ってきてしまうことがあります。 また飾っているだけでも、ほこりがつもりうっすらと黒ずんできてしまうこともあるでしょう。 自宅できれいにできればい ...

スーツの洗濯なら宅配クリーニングが便利!気になるクリーニングの頻度 4

スーツってどれくらいの頻度でクリーニングに出せばよいのか悩むアイテムですよね。 とくに夏場は汗などを多く吸い込んでいるため、においや衛生面でも気になるという人が多いでしょう。 とはいえスーツを着用する ...

礼服をクリーニングに出すタイミングと自分で出来るお手入れ方法 5

礼服は着用頻度は少ないものの、マナーを問われる場に着ていくものなので、お手入れに困ることが多いアイテムでもあります。 更に、その都度クリーニングした方が良いのかも悩みどころですよね。 先に結論を言うと ...

-ホームクリーニング

© 2022 CLEANISTA Powered by AFFINGER5