ライフスタイル 断捨離

キッチン断捨離のやり方やコツ!掃除が楽になり節約や時短効果もあり

キッチン断捨離のやり方やコツ!掃除が楽になり節約や時短効果もあり

毎日使っているキッチン。

食器や調味料を入れる容器、お箸やスプーン、フォークなどの小物類も割と細々したものが溜まっていることがあります。

増やしたつもりがなくても、日々の生活の中で意外と買っているのかも知れませんね。

例えば、お料理が好きでレパートリーを増やしたくて凝ったものを作るためにその料理に使うグッズを買ったり、子どもと一緒に家でスイーツ作りをするために、それ用のグッズを買ったりなど。

割とちょっとしたときに買ってる場合があるものです。

キッチン用品を断捨離する場合は、こういった細々したものを先に始めるのがコツです。

今回は、キッチンでの断捨離について、その方法やコツをご紹介したいと思います。

断捨離はキッチンから始めるべし

キッチン断捨離のやり方やコツ!掃除が楽になり節約や時短効果もあり

主婦の方が断捨離を始めるなら、キッチンから是非初めてみてください。

なぜ主婦がキッチンから断捨離するのが良いのか?

  1. 捨てるモノと残すモノの判断がしやすいから
  2. 命をつなぐ場所だから

以上、2つの理由が挙げられます。

それでは、2つの理由を詳しく説明していきます。

理由①捨てるモノと残すモノの判断がしやすいから

断捨離の成功は基本を知ること!初心者でも簡単に出来る順番やコツ

キッチンは、主婦にとってお城のようなものです。

つまり自分の城にあるモノだからどこに何があるか把握しています。

断捨離の際に捨てるモノと残すモノの判断が容易にできるということにあります。

よく使っているモノ、そうでないモノの区別もできます。

捨てると判断したモノは誰に聞く必要もなく、主婦である自分の判断で捨てることができます。

全部、自分の判断で捨てる・残すができるので、トラブルがありません。

主婦にとってキッチンは、一番外敵のない場所ですよね?

捨てるも残すも思うがままの自由な場所を断捨離しない手はありません。

理由②命をつなぐ場所だから

キッチン断捨離のやり方やコツ!掃除が楽になり節約や時短効果もあり

食べるモノを作るということは、私たちが生きていく上でとても大切なことです。

考えてみれば私たちは、母の胎内にいるころからこの「食べる」ということをし続けているのです。

母の胎内でも10ヶ月もの間、母が食べるモノによって栄養を貰っていました。

母が食べたモノは、やはりキッチンという場所で作ったものです。

だから産まれてこれたのですね。

そんな素晴らしい命をつなぐ場所であるキッチンを断捨離することは、これからも安心できる場所でなくてはいけません。

ちょっと宗教的に聞こえたかも知れませんが、目的が明確な場所だから断捨離を優先しやすい場所だということです。

キッチンにあるモノを分類しよう

キッチン断捨離のやり方やコツ!掃除が楽になり節約や時短効果もあり

さて、キッチンを一番先に断捨離するべき場所だということは分かりました。

でも、どこから手を付けるか?分からない人もいると思います。

キッチンにあるモノで一番気になるのは、お箸やスプーン、包丁などの小物類です。

家族の人数が多いと、お箸やスプーンなどの数も結構あるのではないでしょうか?

このような小物類を大きく3つに分類します。

①食材

②食器

③調理器具

では、3つに分類したモノをどうするか?ご紹介していきます。

分類①食材

キッチン断捨離のやり方やコツ!掃除が楽になり節約や時短効果もあり

食材をさらに分類する訳ですが、以下のように分けます。

・冷蔵する食材

・冷凍する食材

・常温する食材

肉類や魚介類、野菜など、冷凍できる食材はできるだけ冷凍しておいた方が食材が長持ちします。

買ってきたまま冷蔵庫に入れっぱなしにするのは、食材の衛生上もあまり良いことではありません。

できるだけ冷凍できるものは冷凍してしまいましょう。

なんでも冷蔵庫にポンポン入れていると、キッチンの断捨離より先に冷蔵庫の中も断捨離することになります。

冷蔵庫の断捨離の場合も、中身を一度全部出して冷蔵庫の中を掃除して、冷凍、冷蔵に分類して収納します。

化石のようになっている冷凍食材は、迷わず捨てましょう。

分類②食器

キッチン断捨離のやり方やコツ!掃除が楽になり節約や時短効果もあり

食器はできるだけ家族の人数に見合った分量に抑えておくようにしましょう。

食器棚の食器って、食事でよく使っている食器はごく一部ではないですか?

おそらく食器棚の食器、全部使えている家庭は少ないと思います。

お店でもない限り、全部は活用できてないのが現実です。

お客様用の食器もあると思いますが、それも今ある食器とは別にわざわざ買わずに断捨離するときに、洋菓子や和菓子を乗せる用のお皿を数枚残しておくだけでいいと思いますよ。

ご飯を一緒に食べるかも知れないとか考えだすと切りがないので、来客用はさしずめお皿で十分です。

分類③調理器具

キッチン断捨離のやり方やコツ!掃除が楽になり節約や時短効果もあり

お料理が大好きで毎日何かしらたくさん作るという人なら、たくさんあっても邪魔ではないでしょう。

しかし、いつも使っている調理器具がごく一部であれば使っていないモノはいらないのですから捨てましょう。

なんでもそうですが、活用できてないものはいらないモノだということを知ってください。

キッチングッズの断捨離はこまめにやろう

キッチンも断捨離してみると、いつの間にこんなに増えたんだろうとびっくりするくらい特に小物類が増えているものです。

お子さんが増えたり、常に誰かしら遊びに来るというだけでも知らないうちに小物が増えてしまいます。

それでも活用できていればいいのですが、もう長いこと食器棚に入れっぱなしであることすら忘れているようなモノは、これから先も使うことはないので潔く捨てるようにしてみてくださいね。

Pick Up

宅配クリーニング人気の10社の特徴とおすすめポイント 1

宅配クリーニングを利用してみたいけれど、どこの業者に頼んだらいいのかわからない… ということはありませんか? 実際に宅配クリーニングを調べると、業者が多いので迷ってしまいますよね。 人気の宅配クリーニ ...

布団クリーニングはどこが人気?主婦がおすすめする宅配クリーニング 2

普段、布団はどのように洗っていますか? 毛布やシーツ、タオルケットなら洗濯機で洗浄できますが、羽毛布団や敷布団など、大きくて洗濯機ではどうにもならない布団はクリーニングやコインランドリーを利用するのが ...

ぬいぐるみは洗える?セルフケアの仕方とおすすめの宅配クリーニング 3

大切にしているぬいぐるみも、長く愛用していると汚れが目立ってきてしまうことがあります。 また飾っているだけでも、ほこりがつもりうっすらと黒ずんできてしまうこともあるでしょう。 自宅できれいにできればい ...

スーツの洗濯なら宅配クリーニングが便利!気になるクリーニングの頻度 4

スーツってどれくらいの頻度でクリーニングに出せばよいのか悩むアイテムですよね。 とくに夏場は汗などを多く吸い込んでいるため、においや衛生面でも気になるという人が多いでしょう。 とはいえスーツを着用する ...

礼服をクリーニングに出すタイミングと自分で出来るお手入れ方法 5

礼服は着用頻度は少ないものの、マナーを問われる場に着ていくものなので、お手入れに困ることが多いアイテムでもあります。 更に、その都度クリーニングした方が良いのかも悩みどころですよね。 先に結論を言うと ...

-ライフスタイル, 断捨離

© 2021 CLEANISTA Powered by AFFINGER5