ライフスタイル 収納術

収納が苦手な方必見!衣装ケースが一気にすっきりする服のたたみ方

断捨離の成功は基本を知ること!初心者でも簡単に出来る順番やコツ

今はおしゃれな人も多く、男女問わずクローゼットや押し入れ、衣装ケースなどに服がいっぱいあるという方も多いと思います。

いっぱいあると必ず起きる悩みが、「どうやったらすっきりするか?」ということではないでしょうか?

そこで今回は、収納が苦手でいつもたくさんの服と格闘しているという人向けに、衣装ケースがすっきりする服のたたみ方、収納のコツと服のすっきりするたたみ方をご紹介します!

服の正しいたたみ方

収納が苦手な方必見!衣装ケースが一気にすっきりする服のたたみ方

服のたたみ方にはルールがあります。

服がたくさんあると、クローゼットや押し入れの他に季節の衣替えのときも含めて衣装ケースを持っている人も多いと思います。

こんなにたくさん収納スペースがあるのに、それらをすっきりと使いこなせていない人は服のたたみ方から見直してみましょう。

衣装ケースがすっきりしない場合、ほとんどは服が正しくたためていないことにあります。

服のたたみ方には以下のポイントがあります。

【服のたたみ方のポイント】

・服は必ず「四角」に折る

・服は断たせて入れる

それぞれを説明していきますね。

・服は必ず「四角」に折る

収納が苦手な方必見!衣装ケースが一気にすっきりする服のたたみ方

服は必ず「四角」く折ります。

服屋さんのディスプレイで、服がきれいに四角くたたんで置いてあるのを見たことありますよね?

あれが、服の正しいたたみ方の見本です。

・服は立たせて入れる

断捨離の成功は基本を知ること!初心者でも簡単に出来る順番やコツ

四角く折った服は衣装ケースに入れるときに平たく寝かせて入れてしまうと、上からどんどん重ねてしまい、一番下の服が取れないことになります。

無理に取り出そうとすると、上にあった服がバラっと崩れて結局散らかるという連鎖を起こすことになります。

これを防ぐ方法として、「服は断たせて入れる」ことです。

四角く折ったら折り目が上になるように、立たせて入れます。

うまく立たない場合は、ブックスタンドを使って立たせます。

服が縦に立たせてあれば、どこからでも好きな服を取り出せます。

TシャツやYシャツ、セーター、ブラウスなどトップスのたたみ方で共通しているのは、長方形になるように3つ折りにするということです。

衣装ケースによっては、4つ折りにしても構いません。

・トップスの基本のたたみ方

収納が苦手な方必見!衣装ケースが一気にすっきりする服のたたみ方

  • 前を下にして床に平置きにする。
  • 左右の袖と脇から裾に掛けてを中央に向けてたたむ。(このとき、左右の袖も中央に合わせて、長方形にする)
  • 裾側から衣装ケースの高さや幅に合わせて、3つ折りか4つ折りにする。
  • あとは、襟が上になるように立たせて入れる。

これで完了です。

・ボトムスのたたみ方

収納が苦手な方必見!衣装ケースが一気にすっきりする服のたたみ方

一般的にパンツと呼ばれるいわゆるズボンのことですね。

これには、ジーンズやスラックス短パンなども含みます。

  • ズボンのジッパーがある場合は、閉めてボタンも掛けて閉じる。
  • 左右の足が入る部分を2つ折りにして合わせる。(このとき、ズボンの後ろ(お尻)部分が出っ張るので、それもズボンを2つ折りにした幅に合わせて中に折りこむ)
  • ズボンの裾側から衣装ケースの高さや幅に合わせて、3つ折りか4つ折りにする。
  • 最後に、折り目を上にして立たせて入れる。

これで完了です。

この他、ワンピースやキャミソールなどありますが、基本的には上と下のたたみ方は同じです。

・靴下のたたみ方

収納が苦手な方必見!衣装ケースが一気にすっきりする服のたたみ方

  • 左右の靴下を重ねる。
  • 履き口をつま先側に向けて1/3に折る。
  • 残ったつま先からかかと部分を、さっき折った外側の履き口の中に差し込む。

これで完了です。

・ショーツのたたみ方

収納が苦手な方必見!衣装ケースが一気にすっきりする服のたたみ方

  • ショーツの前を上にして平置きする。
  • ショーツの下、飛び出ている側を上に折る。
  • 左右の履き口から足を通す部分までを、②の上から覆うように合わせて折る。

これで完了です。

ショーツや靴下の場合はたたむと小さくなるので、これは底の浅い引き出しなどのタンスに仕切りを作って入れると見付けやすいです。

衣装ケースの正しい使い方

収納が苦手な方必見!衣装ケースが一気にすっきりする服のたたみ方

服がきれいにたためても、衣装ケースの高さや幅に合わせないと見た目のバランス的にまとまりがありません。

衣装ケースには正しい使い方があります。

①:衣装ケースは前と後ろに2分割または3分割にする。

②:衣装ケースの高さと幅に合わせてたたむ。

まず、①です。

①:衣装ケースは前と後ろに2分割or3分割にする。

衣装ケースは引き出しのように引き出すタイプと、ケースの上にフタが付いているタイプが主にあると思います。

どちらの場合も、衣装ケースの中は前と後ろで半分になるように、服をたたんで入れていくのです。

「衣装ケースの前とは?」

引き出すタイプ:引き出す側の前とその後ろ

フタがあるタイプ:1/2or1/3のスペースができるように、服をたたんで入れる

尚、衣装ケースの大きさや長さによっては3分割にしても構いません。

②:衣装ケースの高さと幅に合わせてたたむ。

次は、衣装ケースを2分割または3分割にしたら、衣装ケースの高さ(深さ)と幅に合わせて服をたたみます。

高さと幅を合わせるだけでも、きちんと整理されている感が出ます。

引き出すタイプの衣装ケースなら2分割の場合、衣装ケースの前、引き出す側(手前・取っ手側)によく着る服を入れ、後ろ、ケースの奥はその次によく着る服を入れます。

衣装ケースの大きさに合わせて、トップスもボトムスも

  • 長方形になるようにたたむ
  • 立てて収納する

これだけです。

服の分け方

断捨離の成功は基本を知ること!初心者でも簡単に出来る順番やコツ

服を分けるときは、「よく着る服」と「気に入っている服」に分けます。

判断に迷ってこの2つに分けられないときは、さらに細分化します。

①気に入ってよく着る服

②気に入ってないけどよく着る服

③気に入ってるけどあまり着ない

④気に入ってないしあまり着ない

こうすると、着る服と着ない服の境界線が見えてこないでしょうか?

そうです。「①と②は着る服」「③と④は着ない服」ということになりますね。

・捨てる概念を捨てると分けやすい

ネクシーの評判は?保管ができる宅配クリーニングとお得な料金プラン

服を整理しようとすると、どこかでいらない服は捨てないといけないという思いが頭にあるとすれば、一度それらをとっぱらって「捨てるという概念を捨てる!」ことにします。

捨てると考えないなら、じゃあどうするの?

それは、「手放す」「保管する」か?です。

「手放す」は人に挙げるとか、リサイクルショップで売るという発想ですね。

つまり無理に「捨てる」と考えなくて良いということです。

収納スペースは役割を決めて使おう

服はクローゼットや押し入れにハンガーに掛けてしまうより、意外とたたんだ方がより収納率がアップします。

クローゼットや押し入れには比較的出番の多い服をハンガーに掛けて入れるようにしましょう。

それ以外は衣装ケースで今回ご紹介したようなたたみ方で収納すると、すっきり収納することができます。

試してみてくださいね。

Pick Up

宅配クリーニング人気の10社の特徴とおすすめポイント 1

宅配クリーニングを利用してみたいけれど、どこの業者に頼んだらいいのかわからない… ということはありませんか? 実際に宅配クリーニングを調べると、業者が多いので迷ってしまいますよね。 人気の宅配クリーニ ...

布団クリーニングはどこが人気?主婦がおすすめする宅配クリーニング 2

普段、布団はどのように洗っていますか? 毛布やシーツ、タオルケットなら洗濯機で洗浄できますが、羽毛布団や敷布団など、大きくて洗濯機ではどうにもならない布団はクリーニングやコインランドリーを利用するのが ...

ぬいぐるみは洗える?セルフケアの仕方とおすすめの宅配クリーニング 3

大切にしているぬいぐるみも、長く愛用していると汚れが目立ってきてしまうことがあります。 また飾っているだけでも、ほこりがつもりうっすらと黒ずんできてしまうこともあるでしょう。 自宅できれいにできればい ...

スーツの洗濯なら宅配クリーニングが便利!気になるクリーニングの頻度 4

スーツってどれくらいの頻度でクリーニングに出せばよいのか悩むアイテムですよね。 とくに夏場は汗などを多く吸い込んでいるため、においや衛生面でも気になるという人が多いでしょう。 とはいえスーツを着用する ...

礼服をクリーニングに出すタイミングと自分で出来るお手入れ方法 5

礼服は着用頻度は少ないものの、マナーを問われる場に着ていくものなので、お手入れに困ることが多いアイテムでもあります。 更に、その都度クリーニングした方が良いのかも悩みどころですよね。 先に結論を言うと ...

-ライフスタイル, 収納術

© 2021 CLEANISTA Powered by AFFINGER5