ホームクリーニング

洗濯で縮んだ服を元に戻す方法がある!簡単な対処法を主婦が解説

礼服をクリーニングに出すタイミングと自分で出来るお手入れ方法

ニットなど洗濯機で洗うと、びっくりするほど縮んでしまうことってありますよね。

素材によっては洗濯によって縮んでしまうものもあるため、洗濯の際は注意が必要です。

ではもし、大切な衣類が縮んでしまったときはどうすればよいのでしょうか。

縮んだ服は素材に応じてちょっと手を加えることで、もとの大きさに戻せる場合があります。

もう着られないと捨ててしまう前に一度試してみてほしい、縮んだ服の戻し方を紹介します。

縮みやすい素材や洗濯時に注意が必要

洗濯で縮んだ服を元に戻す方法がある!簡単な対処法を主婦が解説

普通に選択しても縮まない衣類と、気を付けて洗濯しても縮んでしまう衣類ってありますよね。

これらの大きな違いは「素材」…生地を作っている糸の種類ですね。

たとえば以下のような素材の衣類は、洗濯により縮んでしまいやすいという特徴があります。

  • コットン素材(綿)
  • ウール素材
  • 麻やリネン
  • シルク素材(絹)

洗濯で縮んだ服を元に戻す方法がある!簡単な対処法を主婦が解説

どちらも水を含むことで縮んでしまいやすい素材ですね。コットンは含んだ水が乾く際に縮み、ウールは濡れた状態で洗濯機の中で動き回ることで繊維が硬くなり、縮んでしまいます。

どちらも濡れただけで縮むというわけではないため、洗濯可の場合は素材に適した洗剤で洗えば洗濯すること自体は問題ありません。

リネンや麻は、熱に弱い素材です。熱乾燥はもちろん、温度の高いお湯で洗濯しても縮んでしまうことがあります。

シルク素材の衣類は洗濯不可となっているものが多いですが、これも縮みや変色、しわやよれなど洗濯トラブルを起こしやすいためです。

このように「天然素材」を使った衣類などは、洗濯によって縮みやすい傾向にあります。

洗濯の際は洗濯表示を十分に確認し、洗濯ネットに入れて洗うようにしたほうが良いですね。

縮んでしまっても後から戻す方法はある

洗濯で縮んだ服を元に戻す方法がある!簡単な対処法を主婦が解説

ウールやコットンの衣類は、気を付けて洗っていても縮んでしまうことがあります。

ですが元に戻せる方法はありますので、まずは試してみてほしいなと思います。

コンディショナーやトリートメントを使った戻し方

汚れが落ちない!洗濯が大変なユニフォームの正しい洗い方

ウールのニットやシルク素材の衣類は、洗濯縮んでしまったとしても元に戻せる場合があります。

手軽な方法としておすすめなのが、ヘアケアに使用するコンディショナーやトリートメントを使った方法です。

ただし、使用するのは「ジメチコン」というシリコン成分が配合されている製品であることが条件。

以下のような手順で、衣類をトリートメントしてあげ、戻の状態に戻してあげましょう。

  1. 洗面器などに30℃程度のぬるま湯をたっぷり入れる
  2. コンディショナーやトリートメントをワンプッシュ加えてなじませる
  3. 衣類を洗面器のぬるま湯につける
  4. 全体が液体に浸ったら水気を切って軽く絞る
  5. 濡れた状態のまま形を整えて陰干しする

洗濯で縮んだ服を元に戻す方法がある!簡単な対処法を主婦が解説

楽天市場

絞る際はぞうきんを絞るようにせず、ぎゅっと押して水気を切るようにした方が衣類のダメージも防げます。

ニットを干す際はハンガーにかけて干さず、平干しネットの上で干すようにしましょう。

コンディショナーなどに含まれるジメチコンが、絡んで硬くなったウールのほつれを解消させ、もとのサイズへと戻してくれるでしょう。

スチームアイロンでのばして戻す方法

アイロンがけの基本をマスター!プロの仕上がりに近づくコツ

コットンやリネン、麻などの素材は、スチームアイロンを使って伸ばすことができます。

全体を霧吹きなどで濡らし、半乾きの状態でアイロンがけをするのでもOKです。

  1. 衣類に湿り気を与える
  2. 洗濯表示に記載の温度にアイロンを温める
  3. 生地を引っ張りながらアイロンをかける

テカリが出やすい衣類の場合は、あて布をしてアイロンがけをするようにしましょう。

直接アイロンがけができないニット素材も、アイロンから出るスチームの力を借りて伸ばすことができます。

アイロンをニットから少し離した状態でスチームを当て、やさしくニットを伸ばしてあげればOKです。

頑固な縮みの場合には、トリートメントとアイロンのスチームをWでかけてあげる方法もおすすめです。

トリートメント液に浸した衣類が半乾きの状態になったら、スチームを当てて伸ばせばOKです。

手間はかかりますが、この方法でほとんどのニット素材の縮みが解消できるはずです。

自宅で縮みを戻すのは手間がかかる

礼服をクリーニングに出すタイミングと自分で出来るお手入れ方法

今回紹介した方法を使えば、多くの衣類の縮みは解消できるはずです。

自宅でできれば余計な費用をかける必要もありませんし、縮んでしまったらどうしようと恐れる必要もなくなりますよね。

とはいえ縮みを戻すための作業は、正直手間もかかるし大変です。

またシルクなどのデリケートな素材の場合には、うまく戻せなかったりかえって衣類を傷めてしまったりする危険性もあります。

自分でやるのはちょっと手間だなと感じてしまう人や、上手に戻せるか不安だという人は、ムリをせずプロであるクリーニング屋さんにお願いするのもひとつの方法です。

クリーニング屋さんであれば、もとの衣類のサイズがわからない場合でも、きれいに縮みを戻してくれることでしょう。

宅配クリーニングで気軽に縮みの修繕を依頼してみよう

洗濯初心者必見!洗剤の特徴や種類と使い分け方を詳しく解説します

クリーニング店でニットなどの縮みを戻してもらうことは可能です。

とはいえ、近所のクリーニング店に持ち込むのは時間的になかなか大変で…

という人もいるでしょう。

そんな人には、自宅にいながらクリニックの依頼ができてしまう、宅配クリーニングの利用がおすすめです。

宅配クリーニングでも、ニットの縮みの修繕依頼が可能ですので、賢く利用していきたいですね。

とはいえ、縮みを戻してもらう修繕クリーニングは、いわゆる「オプション」扱いです。

そのままクリーニングに出しても、修繕対応はしてもらえず、ただきれいになって戻ってくるだけですのでご注意くださいね。

宅配クリーニングで衣類の縮みを戻してもらうには、縮みを戻す修繕に対応しているクリーニング店を選ぶことがポイントとなります。

そうでないクリーニング店でも、縮みを伸ばす努力をしてくれるところはあります。

依頼時に電話で相談をするか、補足書きとして「縮み修繕(縮み修正)依頼希望」などを添えておくと良いでしょう。

服が縮んでしまった時におすすめの宅配クリーニング

キレイナ

人気の宅配クリーニングってどんなサービス?店舗型クリーニングとの違い

どんな特殊素材・高級ブランド品・他店で断られた服でも、クリーニングしてくれるキレイナ。

一般的な衣服はもちろん、着物やドレスといった複雑な衣装、革製品など幅広く取り扱っています。

色修正やリペアなどメニューが充実していて、色あせや縮みで諦めていた衣服も、甦らせることが可能。

ネクシー

ネクシー

宅配クリーニングと保管クリーニング(保管は最大7ヶ月無料)の2コースから選択。

お手頃な料金設定で、高品質のクリーニングをしてくれるので安心。

会員になると、修理や毛玉取りが無料になる他、クリーニング代がいつでも10%OFF!

オプションで、エクセレント加工・ダブルウォッシュ加工・リペラント加工・デオドラント加工が選べます。

洗濯で服が縮んでもすぐに諦めないで!

洗濯をして縮んでしまった衣類も、トリートメントやアイロンのスチームを使えば自宅でもきれいに戻すことは可能です。

少々手間はかかってしまいますが、普段着として利用しているような衣類であれば捨ててしまう前に一度試してみるのも良いでしょう。

大切な衣類やデリケートな素材の衣類を縮ませてしまった場合には、宅配クリーニングなどに相談すすのがおすすめです。

全てのクリーニング店で対応しているとは限らないため、事前に確認や相談をしてから依頼するようにしましょう。

Pick Up

宅配クリーニング人気の10社の特徴とおすすめポイント 1

宅配クリーニングを利用してみたいけれど、どこの業者に頼んだらいいのかわからない… ということはありませんか? 実際に宅配クリーニングを調べると、業者が多いので迷ってしまいますよね。 人気の宅配クリーニ ...

布団クリーニングはどこが人気?主婦がおすすめする宅配クリーニング 2

普段、布団はどのように洗っていますか? 毛布やシーツ、タオルケットなら洗濯機で洗浄できますが、羽毛布団や敷布団など、大きくて洗濯機ではどうにもならない布団はクリーニングやコインランドリーを利用するのが ...

ぬいぐるみは洗える?セルフケアの仕方とおすすめの宅配クリーニング 3

大切にしているぬいぐるみも、長く愛用していると汚れが目立ってきてしまうことがあります。 また飾っているだけでも、ほこりがつもりうっすらと黒ずんできてしまうこともあるでしょう。 自宅できれいにできればい ...

スーツの洗濯なら宅配クリーニングが便利!気になるクリーニングの頻度 4

スーツってどれくらいの頻度でクリーニングに出せばよいのか悩むアイテムですよね。 とくに夏場は汗などを多く吸い込んでいるため、においや衛生面でも気になるという人が多いでしょう。 とはいえスーツを着用する ...

礼服をクリーニングに出すタイミングと自分で出来るお手入れ方法 5

礼服は着用頻度は少ないものの、マナーを問われる場に着ていくものなので、お手入れに困ることが多いアイテムでもあります。 更に、その都度クリーニングした方が良いのかも悩みどころですよね。 先に結論を言うと ...

-ホームクリーニング

© 2021 CLEANISTA Powered by AFFINGER5